特定非営利活動法人 自立支援事業所ベトサダで運営している宿泊施設です。

様々な事情により、路上生活を余儀なくされてきた人々に対して、
住居・食事を無償で支援しています。

ここには求職活動をし、自立に向かう人たちが入荘しています。
自分の将来に向かってスタートする最初のステップの場になっており、自立のために就職しお金を貯めてアパート生活ができるようになっていった人がたくさんいます。

ベトサダは自立のためのいろいろな相談・支援を行っています。

「助けられる人より助ける人へ」

私たちの願いをスローガンに、ベトサダ荘での生活があります。

 入居施設 ベトサダ荘での生活について

ベトサダは、求職活動をし、自立に向かう人が入荘しています。
生活困窮から抜け出し、新たな未来に向かって自分をスタートさせる最初のステップをベトサダで始められます。
ベトサダでは生活保護を受けないで、生活していいただきます。期限3ヶ月で衣食及び居所を提供します。入荘者の皆さんは努力し、就労してください。就労は自分で職探しをして頂きますが、ベトサダ荘に求人をしてくれている会社などがありますので希望を持ってください。

ベトサダに着いたら、最初に面接を行います。
札幌市の委託事業で行っていますので入居申し込み用紙等を書いて頂きます。そして身分証明書等の提出をして頂きます。札幌市一時生活協議会で検討し入居が確定します。協議の結果、相談者に合った他の団体に移行してもらう事もあります。入居が確定した後、インテークを行います。これは「今までの履歴」「現在の自分の状況」「どういう経緯で現在に至ったか?」「今後どうして行きたいか?」「アルコール、ギャンブル等の依存は有るか?」「現在の問題点」等パーソナルな事を聞き取りします。

入荘中はギャンブル・飲酒・外食等厳禁になっています。共同生活ですので他にもルールが有り厳守して頂きます。そして【貯金第一】の生活をして頂きます。

期限3ヶ月ですので、すぐに期限が来ますので浪費することなく頑張って就労して頂きます。

ベトサダは、特定非営利活動法人です。
平成27年4月より、札幌市の【一時生活支援事業】を受託しています。その委託費と全国の皆様からの寄付金で運営されています。

 


 食事について

朝食について、 7:00~ 8:00です。仕事で早く出る方は申し出てください。
昼食について  12:00~13:00です。
夕食について  17:30~21:00です。
食堂は6名で食事をすることになります。
仕事で時間内に戻れない場合、電話等で連絡して下さい。
朝食時、夕食がいらないと分かっている人も知らせて下さい。
仕事で遅く帰ってくる人も時間等、申し出て下さらないと
食事ができないことが起こりますのでよろしくお願いします。

昼食のお弁当は、大き目のオニギリ2ケです。前日の夕食時に申し出て下さい。必ず用意します。



「自立できるようになった時は相談してください。」

早く自立できるように、一生懸命頑張りましょう。
過去に何人も自立して生活しています。自立をしてもアパートで一人生活をしていると話す人もいないので、相談したいことや悩むことが出てくると思うのでそんな時、ベトサダを思い出して下さい。遠慮ない信頼関係をベトサダで培っていただけるよう希望しています。

ベトサダは、とことん、あなたと向き合って問題があれば、解いていくように方向を話し合って見つけます。金銭管理が出来ない・・・自信がないという人も、施設長に申し出てください。相談して、良い方向を見つけましょう。
もうひとつ、ベトサダはいずみという意味です。自分が潤ったら、他人の渇きに気づいていただきたいです。
ゴミステーションの掃除や町内ゴミ拾い他、ベトサダ荘室内の清掃等日常生活で使用している所等の掃除を、ボランティアでお願いしています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

  ホームレスの自立支援活動 -脱・路上生活-

   特定非営利活動法人 自立支援事業所 ベトサダ

   ■第1事務所 〒001-0021 札幌市北区北21条西2丁目1-3
    TEL:011-716-5130 FAX:011-708-7117

Content